Articles for 12月 2014
サプリメントと薬の違いは?

サプリメントと医薬品の違いについて、ご説明します。

まず、サプリメントとは健康補助食品のことです。
そのため健康のための栄養補給を目的として、食品衛生法と健康増進法にもとづいて作られています。
それに対して医薬品は、病気などの治療や予防を目的として、薬事法にもとづいて作られています。

したがって、摂取する場面はそれぞれ大きく異なっています。
サプリメントは食品ですから、日常的に摂取ことが可能です。
それによって著しい体調の変化が起こることはありません。
健康のための食品ですから、安全性を第一に考えて作られているのです。

そして医薬品は、体調に問題があった時や問題が起こりそうな時に摂取します。
つまり、日常的に摂取するものではないということです。
病気の治療や予防が目的ですから、その効果をもたらすかわりに副作用が出てくる可能性もあります。
たとえば体内で増殖する病原菌を減らすことで、同時に腸内の善玉菌も減らしてしまうといった具合です。
病気の原因となるものを除去することが第一目的ですから、それによって多少の不調を来たすことはやむをえないとされているのです。

これが、サプリメントと医薬品との違いです。
摂取する際には、本当に自分に必要なのはどちらなのか、よく考えることが肝心です。

シルデナフィルを含む無承認無許可医薬品

日本では健康被害発生を未然に防ぐため、健康食品などの成分の調査や試買調査を行っています。
薬事法違反の製品は、シルデナフィルを含む無承認無許可製品などがあります。
シルデナフィルは肺動脈性肺高血圧症治療薬や勃起不全の治療薬の有効成分として使われており、頭痛や血管拡張などの副作用があります。
硝酸イソソルビトやニトログリセリンは心筋梗塞や狭心症の患者が摂取した場合は、健康的な被害が発生する事があります。
健康的な被害を防ぐためにも、シルデナフィルを含む製品やニトログリセリンなどの使用を中止し、迅速に医療機関で受診する事が大切です。
シルデナフィルを含む医薬品は、レバチオ錠やバイアグラ錠などがあります。
レバチオ錠やバイアグラ錠は、シルデナフィルを含む医薬品として承認されています。
レバチオ錠は肺動脈性高血圧症に効果があり、副作用としては、鼻出血や頭痛などがあります。
レバチオ錠と亜硝酸アミルやニトログリセリンとの併用は、過度に血圧を下げる可能性があるので注意が必要です。
バイアグラ錠は勃起不全に効果があり、頭痛や血管拡張などの副作用があります。
医薬品成分を含む製品は、無承認や無許可で製造販売を行う事は禁止されているので、シルデナフィルを含む製品を使用する場合は注意が必要になります。